読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

台湾レポート

今、台湾行きの方法は数年前と比べて非常に多くなりました。
関西国際空港からの発着となりますと、大手のANAを始め、JALキャセイパシフィック・エバー航空チャイナエアライン・が最大手です。
そこに、LCCと呼ばれる飛行機会社が参入してきました。
ピーチとジェットスターですね。
トランスアジア航空と言うのも有りますが、こう言っても7社はデイリー運航している会社です。


また、関西国際空港発に限らずとも、東京羽田経由や成田経由にするとこれまた無数の行き方が御座います。
チケット代の値段は大手を利用しますと5万円±5000円〜と言ったところ。
往復運賃ですが、高いとみるか安いと見るかは人によってかなり違います。


話題のLCCですと、大体片道5000円前後〜なので雲泥の違いとも言えますね。
ただ気を付けてほしいのが、LCCの場合は融通が殆ど効かないと言う事。何の事かと言いますと、仮に欠航した場合には大手なら当日に他社便等で振替がなされる事が当たり前なのです。
しかし、LCCはよほどの事が無い限り振替は無いと思っておいて間違いないです。
そうなればビジネスで利用するにはリスクが高い乗り物だと言えますね。
あと、問題になるのが荷物の持ち込み・預け入れです。
一番安いチケットは機内持ち込み荷物のみの設定ですので、海外旅行ではイマイチ使えないと思って下さい。
まぁ、+αの金額を払っても、大手の航空会社よりは安いですけど・・・・・


台北まで行くのには行き方だけでも多くの手段が考えられます。時間と費用とを照らし合わせてチケット予約を行わなければなりません。
皆さんはどの方法・航空会社で行かれますでしょうか。



そうそう、台湾からの帰国便ですが、現地の国際空港で在る『桃園国際空港』を出発する時間が非常に早い事をお忘れなく。


次はLCC航空会社の不思議について、書こうかな〜〜笑


コレは関西空港の画像です。台北行きの第一便は朝7時発。


A320です。LCCで一番良く使われている機体



ご質問が有ればどうぞ〜〜〜
お答えできる範囲内で答えます笑