読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

金銭の持ち運びと管理

ワーキングホリデーにしても留学にしても所持金0円で渡航は不可能です。

現地で働く人、働かない人、自炊する人しない人等事情は様々でしょうが、『金銭の持ち運び』について悩まれてませんか??
 
 
私も正直な話し、悩みました。
 
『現金での持ち出し、ワールドキャッシュカードでの日本口座からの引き出し、CITYや新生銀行での金銭移動、ゆうちょの名前宛送金、クレジットカードのキャッシング』様々です。
 
『得策は⁇』
 
 
無いです‼︎‼︎
 
 
メリット・デメリットがきっちり有ります。
 
 
『現金の持ち出し』
ですが、1年間となると100万円はどの国に滞在するにしても超えると思います。
日本からの持ち出し時には税関で申告が必要になりますが、申告だけです。税金が取られたり目的を聞かれることは無いです。ただ、渡航先の国に入国する際にも規定額以上でしたら申請が必要になります。申請したからと言って数千万を持ち出してる訳でもないので、殆ど何も無いです。
メリットは、銀行に行けば即チェンジが可能です。
デメリットは無くしたり取られたりしたら返ってこないし、その時点で計画変更を迫られますね。
留学やワーキングホリデーで数千万を持ちだす方は居ないと思いますので、現金の持ち出しも選択肢の一つです。
 
 
『ワールドキャッシュカード』
 
このカードでの取引は自分のいつも使ってる口座から引き出すので、残高0になればその時点から引き出せたとしてもキャッシングになりますが、インターネットで残高確認が出来る方にとっては良いと思うし、普段の生活と変わらなく出来ると思います。
しかし、現地のATMで引き出せるかは確証出来ないし、引き出せたとしても手数料が日本側と滞在側双方で掛かるのが通説。デメリットは多額のお金を一気に出せない可能性が有る事と、仮に引き出せなかった時に代替手段が無い点。
 

『CITY銀行&新生銀行での口座開設と引き出し』
CITYや新生銀行の口座を持っていたら「金銭移動が楽」と聞いたことが有るかと思います。私は使っていないので、コメントが出来かねるのですが、口座にある程度の金額が無ければ口座維持手数料が掛かるのと、CITYや新生銀行での取引先が滞在先に有るのかどうかが不透明な点、また金銭移動時に手数料が掛かる様な話しも有りまして(引き出す側のATM手数料等)、このシステムに上手く乗れる方は使ったら便利やと感じます。
 
 
『ゆうちょの為替送金』
これは、ゆうちょが名前宛で為替送金をしているサービスです。これは便利なサービスだと思います。
住む場所が決まっていればそちらに為替を送って受け取った後に、現地の郵便局で換金するだけです。
ただし、手数料が半端なく掛かります。また、タイムラグが発生するのと、「受け取りがきっちり出来るか?」というのも有ります。ワーキングホリデーや留学で来ている学生で、親や親戚が「海外送金の知識に乏しい」としても頼みやすいシステムです。
 
 
『クレジットカードのキャッシング』
これは言われなくても分かりますね。『お金を借りる』という事です。当然利息が掛かります。利息を少なくしようとしたら、カード会社に借りた金額が日本円換算し終わった時に、インターネット口座から入金する方法が有ります。
インターネット取引が出来なければ、決まってる日にちにお金が落とされます。
デメリットは利息分のみです。
また、借りられる限度額の問題が有りますね。
 
この様に書かせて頂くと、一長一短なのが分かるかと思います。
 
 
金銭の保管については、『中長期なら現地で口座を開ける』これに尽きます。
 
 
ワールドワイドな銀行に資金が有る方は、その必要は無いですね。
 
全てにおいてパーフェクトは有りません。
最善策は言えるかと。
 
来られる方、参考にして下さい。