読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

始まったばかり

台湾へ渡航し、早1週間が過ぎました。
「日本で生活をしているのと、何処がどれだけ違うのか??」と言う話しですが、明らかに違うのは『言葉』。
まぁ、コレは誰がどの様に考えても明確ですね。

私が何故『台湾』を渡航の地へ選んだのかと言うと、大学時代に第二外国語の選考で中国語を選んでいたから。
また、友達も居るし、何か有れば日本へも帰れる距離(投げ出して帰ると言う意味では無いですよ〜〜)。

後は、何とか自分の稼いだ給料で計画している期間は暮らしていけるので、そういった事も踏まえてです。

言葉は大学でも有る程度はやっていたのと、卒業後の自転車チームで何とかなっていたので来たのですが、『なんとか成らんですよ・・・!!』


本当にどうしたもんかね。。。。

先ず、『喋る!!』って事が出来ない………。「綺麗に喋ろう、間違った言葉ではなぁ〜」みたいな先入観が払拭されない。
「こりゃマズイ」と。

街中で独り言を延々と言い続けるのも『危ない人』になってしまうので、出来るだけ喋る機会を設ける策を現在思案中・・・




色々、渡航後に気がついた事も有りますが、直近の痛い事と言えば『為替』
日本で生活する分には殆ど気にしない(海外通販を利用するとかは除いて)ですよね。「物価の上昇と賃金の上昇がぁ〜〜〜」って言ってるくらい??

しかし、日本円を幾ら持っていても海外では使えません。両替をしない事には、全くのNG。問題の両替ですが、方法によって数千円〜数万円もの差額が出てしまうし、為替変動によってもエゲツない金額が±になってくるんです。


今のレートは日本から何処の国に行くにも『最悪!!』

旅行などで動かしても五十万円以内の金額でしたらあまり気にする事は無いでしょうけれど、長期滞在とかになると誰でも百万円以上の金額を動かさないといけませんので、為替が1円でも動くと大変です。



今回の渡航はWHビザと言うモノで渡航をしております。他国に日本人が全く仕事も、交換留学とかでも、政府の用事等でも無く長期滞在をしようと思うと『WHビザ』か『留学ビザ』の2種類となるはずです。(滞留ビザの申請も有ると思いますが、理由無く長期に渡って滞在と成ると許可されないと思います)
日本人は殆どの国でビザ無し90日の滞在が認められているので、3カ月毎に出たり入ったりを繰り返している方も居る様ですが(1年間の滞在をしようと思うと4回ですね)、あまり感心出来るものでは有りませんので気を付けて下さい。

この2種類のビザ。

『留学ビザ』は年齢制限は有りませんが、自由度が制約されます。逆に『WHビザ』は年齢制限が有り、何処の国でも30歳迄(例外有り)ですが、自由度は大きい。「どちらが良いか??」は個人の自由ですが、現在大学生で「ガッツリ勉強する!」と言うならば『留学ビザ』でしょう。(何故なら大学を卒業しても30歳までに6年位有るから)
大学を既卒で、有る程度の自由度を持たせて滞在したいのなら確実に『WHビザ』です。
少し働いてみるのも、学校へ行くのも、母国と行ったり来たりするのも自由で、ビザ申請の時の諸条件もキツく無い。
(社会人となると不測の事態も考えられるので、有る程度の自由度が有る方が動きが取りやすいと考えます。ガチガチに縛るビザも悪くは無いと思いますけどね〜〜)


こう言った事を書いていきたいと思います。


興味が有る方はちょくちょくご覧になって下さい。