読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

台湾の自転車事情

台湾の自転車事情。

こちら台湾では、日本と同じように自転車が使われています。主に使っているのは殆どが学生・生徒で、働き出したらバイクに移行するようです。

その自転車ですが、日本と比べてどうなのか??

 

正直言って、日本では1万円以下で新品の所謂『ママチャリ』が買えますが、こちらでは「う〜ん、有るかなあ〜」みたいな感じです。日本でも、メーカー物の自転車とホームセンターで売られている自転車は同じでは有りませんが、「購入して失敗した!」とは成りませんね。しかし、こちらではあまりにも安いものに手を出すと「え〜、本当に?!」みたいな事に成り兼ねません。

 

新品で最安値は2500元位(日本円で10000円弱)で有るらしいです。

しかし、先程の事が有りますから、迂闊に手を出すと失敗します。(現に失敗した方が私の周りに居ます)『留学生はどうしているのか??』なのですが、中古自転車を買ったり、学校から借りたりしています。

一言で『中古自転車』と言っても、日本で言うところのリサイクルショップに有る中古自転車とは訳が違いますよ。こちらの中古自転車は本当に中古+(古)です。

私からしますと、「これ売り物じゃないやん。。。。。」みたいなレベル。(過去にその業界に居た身としては)

『ブレーキが???とか、カゴが???、サドルが???、変速機が???』と言った事が日常茶飯事。それで「1000元」(日本円で約4000円)とか言われる様で、僕からしたら「払えません!!」。「チョッと待って〜、これで1000元なの??本気で言ってるの??」と。。。「日本でなら中古自転車と言っても4000円も出せば下手したらメーカー物の自転車が手に入るよ。しかも新品同様レベルのが」と言えますね。

 

 

まあ、一般的な話をしますと、自転車が有れば行動範囲も広くなるので、滞在日数が半年を超える人ならば、台湾へ来てから即購入する方が良いとは思います。

 

大体、私が見ていて「うーん、これくらいでまともやな。。。。」と思える値段の付いた自転車は新品定価5500元位。日本円で2万2千円位ですね。

 

台北や台中・高雄ですと『U-BIKE』という乗り合いの自転車が有り、街の至る所で借りれて返却も出来るので、自分の自転車は要らないと思います。また、高雄でも余程郊外でU-BIKEの貸し出しスポットが無かったとしても、台北高雄はMRTが有りますし、台中はBRTが無料ですので無理に買う必要は無いかも。

 私が今住んでいるところは、そういうものが無いので、みんな大体自転車を買います。

 

「というあなたは自転車を持っているのか??」ですが、購入するタイミングを逃して今に至ります。買った自転車で事故を起こしたとか洒落にも成りませんから、やはり「マトモな自転車を買いたい。」だけど、5500元と言いますと、1ヶ月分の食費に匹敵する金額レベル。市内のバス代でしたら100回以上は乗れるし、台北往復も高速バスで約10回は出来る。

私の滞在期間も3年、4年とかではなく、1年ですし、購入するかは本当に微妙。。。。自転車を買って、捨てて帰る??(あまりにも勿体ない)日本へ持って帰る??(メチャクチャ重いぜ。。。。)その中の選択肢としては、こちらに滞在し続ける方に譲るのが一番良いでしょう。

こちらの学校では中高一貫教育がなされていたりするので、そういう生徒さんでしたら5500元の自転車でも十分に元が取れますね。1年未満の留学生が一番難しいです。

 

今まで滞在してきた4ヶ月間の生活費の出費を考えていると、交通費の出費が恐らく残りの期間で何回か大きいのがあるように思います。

まだ、残りの期間の方が長いので、自転車の購入は諦めてはいませんが、パソコンが壊れた様にいつ大きな出費が来るかは分からないので、様子見で。

 

今考えているベストな選択は、自転車屋を覗いて、「2500元位でメーカー物の2013年モデルやもっと古いモデルとかの型落ち新品が残っていたら買おうかな?」と思っています。