読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

写真家とカメラマン。プロとアマチュアの違いは?

『写真家』と『カメラマン』

 

 

今や世界中で何十億人??って位の人が、カメラ付きの携帯電話を持って、日々インターネット上に画像を投稿している。

こういう状況に有るので、言うなれば今は殆どの人が『報道カメラマン??』『写真家??』と言っても良いくらいの感じになっていますね。

 

 

 

私も気になったので、『写真家』と『カメラマン』の違いについて調べてみました。

各人、定義は色々ですが、

 

 

 

『写真家』

写真で生計を立てているのではなく、写真を介在として芸術・自己表現をする人。

芸術性が強い写真を撮る方々。

 

 

 

『カメラマン』

写真で生計を立てていて、食べていくための職として、写真を撮っている人。

写実的な写真を主にメインに撮られる方々。

 

 

 

カメラマンと写真家とは言葉のニュアンスの違いなので、区別する事自体するべきでは無いかもしれません。

 

 

 

ただ、分けるとしたら

『アマチュア写真家』・『アマチュアカメラマン』、『プロ写真家』・『プロカメラマン』と大きく分けて4つ位のカテゴリー位に分けられると思います。

 

 

 

調べて分かったのが、私が以前熱心に行っていた『自転車競技』と同じ様な世界で有るという事。『プロ』という事を名乗るには自称でも他称でも名乗る事は出来る様です。

(公にプロと名乗ろうと思うと、写真家・カメラマン所属組織が有る様ですが。)

スポーツの分野でも同じ様に、アマチュアでも一定のレベルを超えると確かに「私はプロです。と言っても良いかなぁ」という感じです。

スポーツをしていた時に自覚をしましたが、『プロ』と名乗るには『その分野で飯を食べていくこと』だと思うんです。

 

 

 

ですから、『写真家』と『カメラマン』の違いというよりは、「『プロ』が付くか付かないかじゃないか?」と思います。

 

 

 

芸術の分野では『飯を食べていくこと』と『表現したい・やりたい事』が同一線上に並ばない事が殆どの様です。この葛藤、確かに分かります。

他の職業でもそうでしょうか??

 

 

 

「売れる・買ってもらう作品を作るのか?」、「表現したい・伝えたい事を作品に仕上げるのか?」表現したい事・伝えたい事が作品として仕上がったとしても、共感・吸収・取り上げられなくては単なる自己満足でしか有りません。

 

 

 

難しいですね。。。。笑

 

 

 

芸術家は『画家・彫刻家・絵師・陶芸家・作家・写真家・デザイナー等』多岐にわたります。

芸術を生業として生活をしたいと考えている人でも、芸術=生活に直ぐに結びつく訳では無いので、大方の方はアルバイトや契約社員等を続けながら、自らの作品を発表していっているのではないでしょうか。

 

 

 

文字では伝えられ無い事を絵や写真、立体・触感を通して伝えていく。

一足飛びに物事は進まないのですが、「私なりの切り口で様々な事を伝えていけたら」と思う今日この頃です。

f:id:hisanoriakiyama:20160220133953j:plain

 梅が咲き誇っています。寒くなって暑くなって、春を迎えるんですね。