読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

カメラはレンズ

カメラはレンズだと言われる。

証明写真の様な、「何処何処へ行ってきたよー」ってモノならば今時のコンパクトカメラで十分の性能が有る。

しかし、細かく描写をしたいとなるとコンパクトカメラでは心許ない。

そこで、レンズ交換式のタイプが登場するとなるんですけれど、レンズの種類も何十本と有る。。。。笑

モノゴトでは何でもそうですが、写真にも得意分野と不得意分野が存在する。

その中から自分の得意分野で使うレンズを購入して、表現していく事となる。

 

 

 

先日、航空機の写真を撮りに行ったのだが、航空機といえば「200mm以上の明るいレンズが必要でしょう!!」と思われるかもしれません。

実際に飛行場は広大な敷地で、その中に飛行機が着陸して来る為に、100mm程度(APS-Cサイズなら1.6倍の160mmですけど)位では表現力に欠けます。

私も300mmのF2.8と×1.4や×2のテレコンバーターは欲しい機材の一つ。

もっと言うなら、400mm F2.8や500mm,600mmのレンズ等も欲しいですけれど、いきなり揃えるなんて無理。

デジタル解像をして解像度を上げる方法も有りますが、画像はザラつき、見るに堪え無いモノに成りますから、よほどで無い限りすべきでは無いでしょう。

 

 

 

その中で今回、一つ常備したいレンズが増えました。

 

 

 

それは50mmF1.4 orF1.8。

 

 

 

本音を言うと50mmF1.2が欲しいですけれど、金額が高くてチョッと手が出ません。。。苦笑

 85mmF1.2でも良いんですけど、これまた『高い!!』

 

 

「何故、この様な標準レンズが欲しいのか?」ですが、私の近くの飛行場はナント誘導路直下の撮影が出来るんです。

今回、実際に私も行った際には70-200mmF4のレンズを付けて撮影に挑みました。

日中や夕方位までならこの一本で使えるのですが、夜になるとf4では正直難しくなります。そうなると明るいレンズが欲しい!!となりますが、明るいレンズは概して『高い。。。』

「欲しかったし買ってきたわー」なんて言えるモノでもない。

今回、撮影をしていて夜に関しては70mm固定で、飛行機が見せるある瞬間を狙っておりました。

そういうことから、「固定で狙うのであれば50mmの単焦点レンズで明るいリーズナブルのモノが買えるのであればそれで行けるのでは??」と思った訳です。

 

 

私は28-105mm F3.5-4.5というごく一般的なレンズも持っているので、日中はこれで大体問題は無い。だけど、夜の様な光量が少なく特殊な条件下に成った際にf値が明るいレンズが必要になってくる。

 

 

F1.4やF1.8なんかF4のレンズからしたら明るすぎる位明るいレンズ。

だけど、ポートレートなんかを作るのには丁度良いレンズらしいですね。

価格もバラ撒きレンズと言われている位の、レンズの価格としては超が付くくらいの低価格。

 

 

 

これから花の季節になって来るし、カメラはレンズが無ければタダの物体でしかないので、このどちらかを購入したいと思います。

 

 

 

あー、ホント仕事したい。。。

レンズも買えん。。。。泣