読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

自分の年金はどうなってるんだ???

仕事をしていたらブログが途切れ途切れに。。。。。笑

 

 

「そういえば年金ってどうなってるんだ??」と思って、本日問い合わせをしました。

私のFBでも友達が年金問題に関して議論をしていたりするのですけど、今日はこの年金問題について考えてみたいと思います。

 

この年金ですが、月々の納める金額は16,260円。年間で195,120円。仮に20歳から60歳まできっちり収めたとして40年で7,804,800円。

(このまま基本料が変わらないとして)

年間で20万弱、40年で800万円弱。

かなり大きな金額ですね。

 

 

今払っているこの国民年金は、『貯金じゃなくて現在60歳以上の方に支払われる財源として活用されている』という話です。この議論をする際に出てくるのは、「将来は70歳から払い戻しされるんじゃない??」とか、「保険料だけ高くなって、私たちには返ってこないのじゃない??」と言われたりしています。

ここで一つのクエスチョン。

 

 

 

国民年金は義務なのか、否なのか。

 

 

 

法律上は納めることは義務ですね。ですが、拘束力がそこまで有る訳では無いです。

「それじゃぁ、納める必要は無いのでは無いか??」と成るのが私達の世代。

この結論に至る事はゴク自然な事だと思います。

私達の父親世代の様に、給与が右肩上がりで上がっていった時代に生まれている訳では無いですし、ニュース等では『日本の年金制度は破綻している』とも言われてますし、年々払い戻し年齢が上がっています。

この様な話を聞くと、「幾ら義務だと言われているとはいえども出来れば払いたくない」と言うのが本音では無いでしょうか。

しかし、皆さんが「払いたく無い」と言って月額の金額を収めなかったとすればどうなるのかですが、制度としては機能しなくなるでしょう。(今、既に機能していないと言われていますけど。。。苦笑)

 

私の友達の中には、「払いたく無いので、払ってないよ。どうせ返って来ないし、その分自分で運用したり貯金したりして、将来の事を考えているから」という人が居られます。

その考えも一理ですね。

 

 

 

ですけど、「本当にそれで良いのか??」というのも思う訳なんです。

 

 

 

私の友達の様な考えを持つ若者は多いのですが、反対に「国民年金を納めるのは義務ですから、キッチリ支払っているよ」という自営業の方も私の知り合いでは居ます。

 

 

 

どちらとも意見として尊重はします。

 

 

 

その2つの意見を聞くと、若者の意見はどちらかというと『自己中心的』な様に思ってしまう。

確かに、自分の給与から月々16,260円が出ていく訳ですし、「将来的にどうなるのかなんて分からない」との回答ばかり。年間20万円弱の金額ですから、決して安い金額では無いです。

 

 

 

この論点を社会全体の問題として考えた時、

 

 

 

「みんなでみんなの生活を支えていくんだ」

 

 

 

と考えると、「今支払う16,260円が誰かの支えに成っている、だからやはりお支払いはすべきなのかな??」と思うんですね。

 

国民年金は仮に自分が仕事や何らかの不慮の事故で働けなくなった時にも、僅かではありますが国から障害年金、遺族年金として支給がなされます。

これだけでは生活は出来ないとは思うけれど、そういうシステムに成っている。

 

年々上がっていく保険料と比較して上がっていかない給与を考えると、支払うのが馬鹿らしくなるのは当然かもしれません。

 

年金制度が破綻していると言われていますが、逆に『破綻させているのは自分達では無いのか??』とも思ったりします。

キッチリ納めるものは納めて、キッチリ働いて、円滑にお金を回す事で経済は回っていくと思うんですね。

みんなの生活が苦しいから、自己キープへ動いてしまうのは仕方ないと思う。

(だって、最低限の1ヶ月の生活に必要な費用って有るので。。。)

 

逆に、健康保険、国民年金、厚生年金、所得税、住民税等をキッチリ払ってしまったら生活が成り立たないというのは、給与水準が低すぎるんだと思います。

物価上昇率を2%にすると日銀は言っていますけど、物価が上がっても給与がそれに見合わなければ、実質使える金額は目減りする一方。

(税金は変わらないですし。。。。。)

 

確かに、『払わない』という意見も有ると思います。ですが、決められた事は確りと行って、「私は年金は払っているよ。返ってくるかは分からないけど、義務ですから。」と言って支払いはちゃんとした上で、「返ってこないことも考えて、資産運用も行っています」ってのがベストですね。

 

「返ってこないと思うから、一応義務と言われているけど払ってないよ」ってのは、説得力に欠けるし、何処の国で働く事に成るのか分からないとはいえ、やはり社会人として働いていく上で、すべき事はやらねば成らないと感じます。

 

私にとっても年金を納めるのは決して微々たる金額では無いですから、非常にシンドイです。ですけど、決められた事を行わずに議論をするのも土俵に乗らずに試合をしている様なモノだと思うので、頑張って納めていける様にしていきたいと思います。