読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

昨日のインターネット記事から

ほんの些細な記事でしたが。。。。

 

 

昨日のYahooニュースだったかに、『iPhoneから送信と記載が出る事について』という話しが出ていました。

特に大きく取り上げる内容では無いですけれど、「貴方は不快に思いますか?それとも気にしないですか?、意見を聞かせて下さい」との話題。

買った時からの設定を変更していない人は、iPhoneからメールを送るとこの様な文字がメールの下部に載る様です。

 

 

確かに、その様に表示されますね。

 

 

私は特に気にしないですが、気にする方もいる様です。

日本では『実質0円キャンペーン』等でiPhoneを所持する人が50%以上らしいですね。

ですが、世界的に見るとiPhoneは価格が高く、持ちたくても持てない人も多い。

デフォルトでそういう表記が出る事は、「使っている事をアピールする狙いがある」と思われる方も居られる様で、「まぁ確かにそう思えなくもない」とも感じます。

iPhoneを使っているのだな。お金が有るのか?」との取り方もされる様で。

逆に、iPhoneから送信となると、パソコンに向かっていない事を意味しているので、「忙しいのかな?」と相手を気遣う方も居る様ですね。

 

 

ですが、この様な事が話題に上がるのは、日本の記事らしいとも思います。

多くの方は「どっちでも良いですよ。気にしないし」と言っておられますが、気にされる方も居られるというのも事実。

 

 

日本人は良く『細かな作業や、丁寧な立ち居振る舞いをする民族』と言われます。日本以外の国の方も当然持たれていますが、それ以上に細かいと言われている人種が『日本人』です。

 

 

メールの文面の開始部分に『お疲れ様です。』や『拝啓 2月も半ばを過ぎ。。。。』と言う様な文章から始まるやり取り等、『礼儀と作法を非常に重要視している』と思います。(海外の方からすると前置き等が長すぎて、「一体要件は何処なんだ?」と思われる様ですよ。)

 

 

全く礼儀・作法が不必要とは思いませんが、「少し細かすぎないか??」とも感じます。

 

 

文字が伝えるモノには相手の気分次第によって、良くも悪くも取る事が出来ます。

なので、親しい間柄では絵文字を使って感情を可視化する様に成ってきました。

ビジネスの場では絵文字等を使う事が出来ませんので、形式的な文章のやり取りが行われていますね。

メールやSNS等の電子ツール(このブログも同じく)は、オンタイムで要件を伝えられる非常に便利な道具です。しかし、文字だけでしか判断出来ないので、一文の文言で様々な捉え方をされるというのも事実。

 

 

 

この問題に関しては今日の明日という様に即日解決する話では無いですけれど、「気分を害する」と言う感情の害は有るかも知れませんが、その文言が有っても無くても「重要な案件が伝わっていれば良いのではなかろうか?」と感じた記事でした。

 

 

この類の案件は、「なんか難しいなぁ〜〜〜」と前々から思っています。