hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

写真の活動

夏が近いですね〜。

「気が付けば1年が過ぎて。。。」って事が巷では言われますけれど、毎日の生活ではそんな気は無いですよね。

 

梅雨に入って明けるまでの1ヶ月間は鬱陶しい日々と思われがちですが、写真を撮るのには良い条件が揃ったりします。

年間の日数の中で、雨が降る日って晴れの日よりは少ないです。

機材を持って外に出ることは確かに面倒なのですが、現場に出ると「わ〜、こんなのも撮れるわ〜」ってのが一杯有ったりします。

撮影をしていて、今まで被写体を選ばずに、撮れる範囲内で撮影をしてきました。

目標としては今年中に撮っていくものを決めるのですが、「正直どの様に決めたら良いのか??」が判断付きかねます。

自分の活動したい場所(土地)は決めているのですけど、それではあまりにも範囲が広すぎる。

『飛行機、風景、鉄道、ポートレート、花、鳥、祭り、夜景、星等』

スナップ写真は殆ど撮って無いですが、この幅広い被写体物の中から個人的に撮って行くテーマ作りをしないといけません。

『何故テーマを決めなければ成らないのか?』と言いますと、あれもこれも撮れないからなんですね。

例えば山岳写真を撮る為に行動していたとします。

その瞬間に他の題材で素晴らしい光景や事象が有ったとしても、狙いは山岳写真ですから、その他の部分は捨てないといけません。(予備的に撮っといた方が良いけれど。。。)

写真は引き算と良く言われますが、実際に写真を撮っているとその事が良く分かります。一枚の絵の中に見せたい、撮りたい物を入れ込むのですが、全て入れてしまうと散漫になってしまって何が言いたいのかが分からなくなるんですね。

人間の目は脳と繋がっているので、視界に入ってきてたとしてもカットスイッチが働いて見ない様に為る事も可能なんです。

しかし、カメラはそういう事が出来ないので、全て写し込んでしまう。

それが写真を見る方にとっては散漫なモノに。

 

つい先日の新聞にコンテストの受賞作品が載っていましたが、その中で「有名な観光地で撮られた決まり切ったものは全て落とした」と有りました。

私はまだ有名な観光地での写真を撮りたいと思いますが、写真ってそれも良いけれどそれだけじゃないんでしょうね。有名な観光地で撮った写真は綺麗、素晴らしいと映るのは当然なのでしょうが、それだけが写真じゃない。

日々の生活の中にも良いポイントが至る所に転がっている。

今はそういうものを求められている時代なのかもしれません。実際にまだまだ題材として難しい撮影地や被写体の撮影は撮って然るべき対象物ですけれどね。

 

これからの時期は花火大会が始まり、海を題材にした撮影がされると思います。

写真の世界は芸術の領域と事実を伝えるという部分等、今の時代は数十年前と比べて飛躍的に変化している。

 

何万枚もの写真が撮られている現代だからこそ、1枚の価値を認める社会になってきたと思います。中々渾身の1枚は撮れませんけれど、そういう1枚に出会うべく、写真の活動は続けて行かなくては。

 

ダブルは無理か??

先日、『いよいよ、これかなぁ〜』って思っていた事を、そろそろ実行に移そうかとしていました。しかし、もう一度再考しようと思い、相談。

そうすると、「まぁ〜、確かに!!」って内容の返事が。

アドバイスとしては

 

 

 

『そんな簡単ではないよ。』って事。

 

 

 

イメージとしては、『それをしつつ違う事を』という感じだったのですが、そんな甘いモノではないって話し。

「確かになぁ〜」って納得はする。

 

この職業その道何十年って人が言うので、間違いでは無いだろうし、実際に自分も言われてみればそう思う。一人一人の時間は24時間しかなくて、仕事を100%の力でやっていくとすると、残り時間は殆どない。

仕事が終わって翌日の仕事に向かう際に、別件を片付けてから向かおうとすると、寝る時間を削るか、食事を削るかしないと時間なんて生まれない。

 

『そうなればどうするか??』ですが、「考えていたことのどちらかに絞るしか無いのかな??」という結論にしかならん!!

 

「まじかぁ〜」って思うけど、そうでもしない限り形には成らないんだろね。

 

経験上、苦労無くしてその先は無い事は知り得たし、逆に経験に勝るモノは無い。

だが、徐々にタイムリミットも近づいて来ている事も疑い様の無い事実。

 

 

 

冗談は抜きで、腹を括るしか無いのかもしれない。

 

 

 

「何、今更甘えた事を言ってるんかね。。。。」って言われそうですが、確かに同年代でご家庭を持たれている人達はある年齢で腹を括られたんでしょうね〜〜

 

『そうかも』とか、『たられば』とかは話しても話してもキリが無い話しに成るので、発展的では無いし、考えている暇が有れば行動した方が良いと思います。

とは言っても、『言うのは易し、行動は難し』で一歩が結論付け難い。

 

 

 

再度、考えないと。。。。汗

 

 

 

とうとう出て来たか!?

ブログを書きたいけれど、なかなか時間が取れません。。。

写真を撮りにあちこち行っています。

「行き過ぎじゃないか??」と思うのですけど、積極的に出ないと家に居ても面白くないので出るようにしています。

先日はまたまた台灣へ撮影に。

今年初めての台灣への渡台でした。

仕事の都合で、多くの時間を貰う事は出来ないので、弾丸ツアーです。

 

 

 

今まで何度も台灣へ行っていますけれど、今回の旅は個人的に収穫が有った様に感じました。なんとなくですが、「これからの方向性が定まったかも??」と思えたんですね。

台灣ではいつも生活をしていた生活圏に戻ってきましたけれど、「あのおばさん、まだ働いているんだね〜」というのを確認出来たり、「あのお店何処に行った??」というのも見たりして来ました。

台灣は店舗や人の入れ替わりが非常に激しく、数年前と今とではガラッと変わってしまう部分も多いです。

私が台灣を離台してから2年余りが過ぎてますけど、変わらない風景を見ると少し安心もします。人間って変わらなさすぎるのも問題ですが、変わりすぎるのもこれまた付いていけない人種だと思うんですよね。

 

 

今回感じた方向性ですが、自身としては「コレで10年、20年位やっていきたいなぁ〜」と思っております。

何故ならば、過去に毎月渡台していた時期もありました。

毎週の様に全国彼方此方に行っていた時期もありました。

そういう生活をしていると全く自分自身として落ち着かないんですよね。。。。笑

落ち着いてしまうとそれはそれで「なんだかなぁ〜」なんて思い出すのですが、それが両立出来そうなのが今回感じた方向性。

 

年齢も年齢なので、遊びではダメです。

「再度チャレンジ」と言ってチャレンジをして「やっぱ失敗やったわー」ってのも既に「アウトだ!」と感じます。

慎重に判断を下さないといけませんが、可能性が少しでも有るのであれば向かう方が良い様な気がしています。

でも、今度は本当に失敗は許されません。それぐらいの気合いじゃないともうアウト判定しか出ない様な気がしています。

今までの判断も失敗だとは感じていませんが、特に一番に感じるのが『自分で生活をしていけるか否か』だと思うんですよね。

(今までやってきた事柄を仮に継続していたとしても、一人暮らしが出来ているとは思えません。。。)

 

台灣留学中に非常に感じたのは、留学はお金が掛かるって事。(当たり前じゃないか!!と言われそうですが。。。笑)

生活をしていくにも少しのお金は必要です。

何も贅沢をしようとは思わなくても、一文無しでは生活が出来ません。

異国の地で働くのは、楽な様に見えて難しいです。

 

海外で生活をしている友人も居ます。当たり前ですが、給与は何らかの形で作って、日々の生活を営んでいるんですよね。

そういう事を今回感じた方向性に託してみたいと。

 

 

今回のインスピレーションは本当に最後の選択に成りそうな予感。。。

写真を撮りまくり三昧

1月が過ぎて、2月も今日で終わり。
明日は3月になってしまいます(笑)。

今年に入ってからは1月の休日はほぼ写真を撮りに外出していました。

写真って家に居ても撮れない(テーブルフォトとかマクロ撮影とかは別にして)ので、外に出て行くしか方法が無いんですよね〜

まだまだ未熟な初心者を抜け出せない身なので、1回・1回の撮影が貴重です。

撮影ポイントへ行くにしても、多くのシチュエーションに遭遇したいと思っているのですが、思うようには事が進まないです。。。笑

 

 

カメラの機材面で悩みが出てきて、四苦八苦しておりました。

悩みと言うのは『オートフォーカス』に関して。

オートフォーカスって自動でピントを合わしてくれるモノですが、「コレって本当に合っているの??」という事を疑問に思ってしまったんですね。。。

 

 

と言うのも、拡大をしたらなんか眠い感じ(ピントが合ってないっていう意味)の画像だったり、逆にバッチリと合っていたり。。。。

自分としてはピントが合っている状態で撮っていると思っているので、「う〜ん、なんだかなぁ〜」と言うモノを量産してしまうと上記の疑問が沸々と・・・

そんなこんなで、機材の点検に出したりしていました。

写真は始めたばかりですが、写真を撮る為に撮影地へ足を運びます。

その際にオートフォーカスでピントを合わせたりしますけど、帰宅して見直した時に「ピントがズレている。。。しかも殆ど。。。」ってのは避けたい。

マニュアルで合わせていたら自分の技術の無さを責めれますが、そうじゃないと悔しさしか残りません。
「最終的にはマニュアルフォーカスか??」なんても思うのだけど。。。。汗

 

 

 

今持っている機材の一部は父親のを借りているので、今年中には自分のカメラ本体を買いたいとも思っています。

撮る被写体やテーマも今年中には決めたいですね。

留学の時から心にときめいた風景や印象を撮影してきました。これからもこの状態は続けますが、自分の中で『コレ!!』ってモノを決めないとアレもコレもは撮れない。(なんせ時間が24時間しか無いですからね〜〜笑)

 

 

 

写真がモノになるのか(自分自身の仕事として成立するかもですが。。。)は正直分かりませんけど、それ位の気合いでやらなければ本当の事は見えて来ない。

今の世の中は『みんなが写真家』と言われてる世界なので、写真でご飯を食べて行くのは並大抵では無いのは分かります。しかし、「自己表現が出来るのは写真だなぁ〜」なんても感じますね〜〜。

 

 

 

同じシチュエーションに行っても出来て来る絵は全然違う。

 

パッと見た時に『あなたの写真ですね!!』と言われる位になりたいなぁ〜。

 

 

 

 

というか、実現させる為に頑張る!!  ソレしか無い!!!

f:id:hisanoriakiyama:20170117085820j:plain

 

2017年にやりたいこと

年が変わって2017年になってしまいました。
「今年は昨年とは違う状態での幕開けです。」というのも、働いているからなんですね〜(笑)。昨年は仕事探しをしていた段階でしたから、『この時期はプータロー』と言っていい状態でした。

 

 

今年は特に『写真の活動』に力を入れて行きたいですね!!昨年の7月位から本格的に始めた1眼レフでの写真活動ですが、やっと経済的にも落ち着きが出てきたので、フォトコンにもどんどんと出して行きたいです。

その為には彼方此方へと行く必要も有りますので、休みの日は常に何処かへ行くと言う様なスタイルにしたいです。

通年の活動としてはそういう状態を維持して、台湾への渡航は4回程行ければ良いでしょうし、香港とタイにも1回は飛びたいです〜〜。

スポーツをするという生活パターンからも遠ざかっているので、「写真と両立をしながらスポーツも出来ないものか??」と考えていますけど、恐らく時間が無いと思われます。。。orz

 

 

 

今年1年間から来年以降についてのもっと長期なイメージとしては、今の職や住まい、暮らし方等を最終的に決めなければ成らない時期に差し掛かって来ている様に感じています。やはり仕事はしていかなければ成らないものですから、定年を65歳と考えたとしても残り30年位は働く必要が有ります。

年収も同じく200万円台では暮らせないので、安定的に継続して年収が350万円位は入って来る仕事を考えなければ成りません。欲を言えば400万円以上でしょうか。

 

 

いつ迄も父と母が健在と言う訳では無いですし、今後は介護やその他の問題が色々出て来る事を考えると『コレ』と言うモノを決めなければ成らない時期に成ってきました。
常に待っていてはダメなので、攻め続ける必要が私には必要不可欠な課題。

チャンスもタイミング良く掴む必要が有りますね!!

 

 

昨年の無職時代には日々の生活にも困る位だったし、その苦労は身を持って体感したので、もうあの生活には戻りたいとは思いません。(飲み物一つ買うのにも100円が出せなかったですから。。。。)

逆に自分一人で月に30万円を実入りとして作るのも難しい事を体感しました。

それ位の仕事をしないと暮らせないと分かったので、それに見合う仕事や自分の役割を作る事が出来無いのであれば自営業は辞めておいた方が良いのかもしれません。

 

 

2017年は趣味と成りつつある『写真』とスポーツを始めたい事、海外に居る友人達を訪問する事がメインテーマでしょうか。

近々の目標としては、車をそろそろ購入したいですし、カメラ本体やレンズを買い揃えたいし、数年前に親を連れて温泉旅行に行った様にもう一度そう言った事もしたいですね〜。

親には苦労を掛けている事はヒシヒシと感じてきているので、早く安心をさせたいです。

昨年とは違って、金銭的に楽では無いけどドン底でも無いので、積極的に出て行って、アンテナを張って、1年間を頑張りたいと思います。
「この日何してたんだっけ??」ってのだけは極力少なくしなければなりません。

2017年の年末になって「年始と同じだわ〜」ってのは無いとは思いますが、もしそういう状態になってしまったら『完璧にアウト!!』ですから。。。

 

友人を連れて台湾へご案内の旅

久々に海外へ。

 

今回は人生初めての友人との旅行。「私が住んでいた台湾を案内してくれ」との事の要望を貰ったので、案内役でフライト。

友人は結婚もしていますし、仕事もしているので時間が取れないとの事で、1泊2日でのご案内。

台湾は近いのですが、フライト時間は2時間半は掛かるし、前後の時間を考えると移動に費やす時間は最低4時間位は掛かる。

流石に1泊2日は時間がタイト過ぎる。。。。と言っても、仕事や家庭を持っていると1週間とかは無理だし、仕方がない。


学生時代に旅とかはすべきですね〜。社会人になって家庭が出来て子供が出来ると、そう言った旅行や独身者が出来る事が出来なく成ります。

 

今回、旅行会社等を使って行かれる方々を完全なフリーツアーとしてご案内しましたけど、要望に出来る限り答える形を取れるので、満足してくれたようで本当に良かったです。また、逆に「旅行会社を通して行かれる方々はどういった事を望んでいるのか?」もわかったので、私にとっては収穫でした。


カメラを最近やりはじめたので一眼を持って行ってましたけど、じっくり構えて撮影をする時間が無い事が新たに発覚。。。。。笑

撮影で行く場合は、撮影旅行として行かないとダメですね。。。。。苦笑

友人とか、お連れ様と一緒に行くとそちらのペースに合わさないといけないので、自分の時間(撮影時間)が取れない。。。。

また、初めての方が居られると常に帯同をしなければ成らないので(海外慣れをしていない人が殆ど)、自分の時間は限りなくゼロ。。。。笑

旅行会社の添乗員で行く場合も同じなんだろうなぁ〜なんて思っていました。


1泊2日でも台湾に行って帰ってこれるけど、やはりキツい。。。

時間を最大限使おうと思って、早朝便、最終便で帰るスケジュールを組まなければ成らず、現地でも出来るだけ回る事を考えなければ成らないので、かなり辛い。


今回で旅行のご案内と撮影を兼ねる事は出来ない事が分かったので、撮影で行く際は一人行く事は決定ですね!!

 

今年はもう海外へ飛ぶ事は出来ませんが、来年は年4回位は台湾へ撮影旅行として3回、友人を連れて行く旅行を1回位企画したいです。

 

12月、1月は日本で撮影を頑張るか。。。笑

大型三脚を買ったので、それを発揮させる為に早く撮影地へ行きたい。。。。笑

 

 

写真をもっと勉強していく

今年も残り2ヶ月を切ってしまった。

昨年の今頃は台湾で帰国の準備をしていた。あれから1年が過ぎて、帰国して仕事を探し、なんとか見つけて働いている。

今の生活には全く不満は無いけれど、今の仕事が未来永劫とは思っては成らないので、自分が出来る仕事を探さなければ成らない。

1ヶ月経ったのを実感するのが給与の振込(笑)

 

一人暮らしをしている訳では無いのだけど、余裕は無いですね。。。。

やはり両親を連れて一泊二日くらいの旅行に連れて行ってやりたいです。

なんだかんだバタバタさせているし、毎日忙しくさせているし。

 

 

会社と家との往復だけをしていたら、貯金は出来ますが、時間を無駄にしている気がして成らない。働いていると休みは月に10日有るか無いか。

予定立てて行動しないと、アッと言う間に時間が過ぎる。

今月は既に全ての休日の予定が埋まってしまったので、来月以降の休みには何をするのかを考えないといけないが、今自分なりに動いているのが『写真』。

 

 

 

学校の休みにお金を使わずに出来る事として始めた『写真』ですが、この世の中に60億の方が生活していて私は一人です。なので、写真の表現も『only one』なんですよね。

同じ場所からシャッターを押しても、私が撮ったのと友人や知らない方が撮ったのと、違う世界が作れるのが『写真』の世界。

デジカメの時代なので、全世界で1秒間に切られているシャッターは途轍も無い数で、インターネットや写真として世の中に出て来る数も途方も無いと思うけれど、その時その場所でシャッターを押して、同じ絵作りをしていた人はそんなに多くは無いだろうし、同じ絵には成ら無い。

 

私が以前脇目も振らずに取り組んでいた『自転車競技』も、実際にその分野で飯を食っていくのはほんの一握りだったから、『写真』の世界で飯を食っていけるのもほんの一握りだと思います。

カメラマンにも報道写真を専門とする方や、何処かに所属して活動をしていたりする人等本当に多いと思います。
ただ、昔と違ってフィルムでは無いから、シャッターをどれだけ切っても消耗するのは機械と電池だけ。

 


自転車競技では選手として飯を食っていくことは出来なかったけれど、この写真の世界では自分の世界観は自分しか作れ無いですから、自分が作る絵を多くの方に知ってもらって写真家として、プロカメラマンとして活動出来たら良いと考えている。

台湾から帰ってきて、1万円を得る事も「難しいぃ」と思わされたし、「生活って大変だなぁ〜」とも感じた。

 

ですが、これからは『only one』なのかもしれないと感じてきている。

確かに、会社勤めやサラリーマンも良いとは思いますが、それではなんか時代の流れに対して弱い気がします。