読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hisa日記

日本と台湾とのお手伝いを自分らしさを発揮してブログを通し、発信していけたらと思います。

費用は掛かっても

人によって賛否両論が有ることは承知しております(笑)
ただ、悩んで購入したモノを使えば使うほど愛着が湧いてくるのも事実。
筆箱であれなんであれそうなんですね。

フト、車の事を考えておりました。今の生活を続けれおれば別段必要になる代物では有りません。むしろ必要が無い物品ですね。しかし、自分の車と言うのも持ってみたいと思うのも事実。
「じゃぁ、何を購入する??」と言われた時に(事故を起こさない事を前提ですよ)
●長く乗れる車(数十年乗っても修理が出来ると言う意味。頑丈さも)
●飽きが来ない車(時代遅れでも乗っている事に対して面白みを見いだせる事)


この2点ですね。

と言うのも私はもう既に30歳を目前にしております。
このご時世と言うのも有りますが、人生90年としても残り60年。クルマを運転出来るであろう年齢は70歳位までが普通の
考え方。
となると、残りは40年余り・・・・・・・

資金的に余裕が有って何度も購入できる人ならいざ知らず、そんなに余裕は有りません。

それならどうするのか??
車に対する価値観ですね
と言うのも、

・クルマは単なる走ればよい道具で、壊れたら廃棄するモノという考え←間違いでは御座いません
・クルマは走ることもさることながら、自分と共に人生の一幕を形作って行くモノという考え

クルマって半永久的なものではない(人間が作るので壊れる)からどれだけの高級車(1000万円の物であれ)、軽自動車であれ所詮はクルマ。コワレマス!!!!


だけど、私は先ほどの2点のどちらを優先するかと言うと後者の考え方でしょうか。
私はモノを出来るだけ捨てない(断舎利出来ない・・・・笑)のですので、良いモノを長く使おうと思うのですね。
で、車なら何だろうと考える訳です。

調べてみました。
そしたらこの様な記事に当りました。

http://www.mercedes-benz.co.jp/myservice/home/info/owner/

メルセデスベンツの表彰システムです。
実際にギリシャのタクシードライバーの方が23年間で460万キロを走破し、その車両がドイツのシュツットガルトに展示されているとの事(私が行った後で展示されたようです)
別に表彰を受けたいからと言う訳では御座いませんが、これだけ長い距離を走れる車が有る事には共感出来ますね!!
確かに日本でメルセデスベンツを購入出来る人は余裕が有る人ですし、車両価格も非常に高価です。
何度も言う様ですが(言われなくても分かりますか・・・・爆)余裕は御座いません。

しかし、長く乗れる車と言う事は、メーカー側が確りと保守をしている事と、部品の供給も行えると言う物。
そりゃ人間が作るモノですから壊れます。修理費用もバカにならないほど掛かるのでしょう。
でも、1つの物を愛していく事は素敵だと思います。
30年が過ぎれば私はもう既に60歳になっております。

そう思えば多少高くても
●長く乗れる車(数十年乗っても修理が出来ると言う意味。頑丈さも)
●飽きが来ない車(時代遅れでも乗っている事に対して面白みを見いだせる事)

この事柄を現実のものと出来るメーカーのクルマを購入する事は悪くは無いと思います。

そりゃぁ、出費は国産車や他社のクルマと比べて1.5倍は最低掛かりますし、保守に関してもお金が掛かるでしょう。
また、車の事ですから、幾ら自分が安全運転していても『貰い事故』も有りえます。

そう言った事が考えられても、購入したい物品ですね!!